EIZETSUは、暗記・文法なしの習慣化サポート型英会話スクールです。

渡瀬隆司

EIZETSUでは、子どもが言語を話せるようになるステップを
日々習慣化することで英語を話せるようになります。

◆特徴◆

・暗記しない ・耳がよくなるので、発音がよくなる ・年齢関係なくできる
・短期間で実感できる ・どこでもできる ・日本語を一切使わない

EIZETSUは、日本人が英語を話せない原因を根本から解決して、
暗記や文法がなくても、日本語が話せるようになったように、
英語が話せるようになります。

◆なぜ英語が話せないのか◆

日本人はよく「英語が話せない」と言われますが、なぜでしょうか?
逆を言うと、どうしたら英語が話せるようになると思いますか?

留学をしたら?
暗記や文法をしたら?

確かに留学をして話せるようになる方もいますが、
留学をしなくても話せるようになる方もいます。

文法や暗記をしなくても、話せるようになった方もいますし、
ネイティブは文法なんて学ばなくても英語を話せています。
僕らが日本語の暗記や文法をしなくても、
日本語が話せるようになったのと同じです。

実は多くの方が思い込んでいる、
留学や暗記、文法が必要という神話は今は崩れ去っています。

もう古いです!

◆英語の真実◆

実は、すでに日本人にとって英語はとても馴染み深い言語の一つになっています。

というのも、日本人であれば、日本に生活していれば、
1,800~2,000単語ほど英単語を知っています。

スプーン(spoon)、ペン(pen)、シェア(share)

などのようにカタカナになっているもので、1,500単語、

I、he、go、get

などのように基礎単語と言われるものが300~500単語知っています。


そして、人とコミュニケ-ションをとるには、この単語を並べなければなりません。

この並べ方を語順といい、言語によって異なります。
もちろん、日本語と英語では違う語順になります。

しかし、コミュニケーションをとるためであれば、
この英語の語順は3パターンしかありません。

英語はとてもシンプルで、機械的な言語です。
ルールに慣れてしまえば、知ってる単語で言いたいことを言えてしまいます。

◆絶対的に足りないもの!◆

では、なぜ話せないか?というと、足りないものがあるからです。
それは、「音読」です!
繰り返し口に出すということです。

たくさんの方にお話を聞いていると音読している方は少ないです。
勉強(聞く書く)したり、たまに外国人と話す、という方はいますが、
繰り返して口に出す人はあまりいません。(話せない人の中には)

外国人と話すというのは、スポーツで言うなら試合です。
試合は練習でやったことしか出せません。

だから、繰り返し口に出すことが大切です。
英語は、言語は口から出るものだからです。

僕らも子供の頃はお母さん、お父さんの言っていることをひたすら口真似し
たくさん口から出したから日本語を話せるようになりました。


英語も口真似して、繰り返す必要がありますが、
なかなか修正してくれる人がいません。
ネイティブの人はなぜ日本人が話せないか、
どういうところでつまづくのかがわかっていません。



そこで、EIZETSUは日本語と英語が話せる講師が
あなたのお母さん、お父さんになってサポートしていきます。


詳しい方法はコチラをご覧下さい!


《マンツーマンのステップアップコースはこちら

《コツコツ習慣化のシンプルコースはこちら

渡瀬隆司渡瀬隆司